2014年01月09日

京都橘のサッカーパス練習メニュー|ダッチビジョンとは?

全国高校サッカーの強豪高、京都橘のサッカーパス練習メニューや
ポゼッション練習メニューの【ダッチビジョン】とは何?
doriburu2.jpg


ダッチビジョンとは〜

攻撃(オフェンス)の時はもちろん、守備(ディフェンス)の時でも
その試合の主導権を握る事により、常に相手より優位な状態で試合を
展開するという戦術です。



京都橘のサッカー部は、自チームがボールを持って攻めている時、
逆に攻められている時にかかわらず、相手選手をこちらでコントロール
すること。


常にサッカーパス練習メニューでもそうですが、ポゼッション練習メニュー
の中でも、選手にこの事を意識してプレーさせているそうです。


中学・高校サッカーの指導者の方や、少年サッカーコーチに皆さんも
ある試合ではボールを支配出来たのに、翌週の試合では相手チームに
主導権を握られっぱなしという経験をお持ちだと思います。


京都橘が取り入れているサッカーパス練習メニューやポゼッションメニュー
の中には、誰もが自チームを優位にしたい戦術・練習方法があるようです。


攻撃(オフェンス)の時はもちろん、守備・ディフェンスの時でも
常に相手より優位な状態で試合の主導権を握り、相手の動きを
こちらでコントロールしてしまう、【ダッチビジョン】!


今後の新しいサッカー戦術・練習メニューとして多くのチームへ
取り入れられる傾向にあるようです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。